板野友美 脱毛

 

 

「腕の毛とか、足の毛って細いから脱色しちゃえば目立たないかな?」って思ったことはありませんか?
欧米の人は毛の量が多くても金髪なので、ムダ毛が目立ちにくいですよね。
幸いなことに、今の時代は脱色剤という便利なものがあります。

 

「じゃあ、脱色しちゃえば早いじゃん」って脱色したらどうでしょう?

 

答えは、脱色すればムダ毛は目立たなくなります!

 

でも、同時にお肌を痛めちゃうことにもなるんですね・・・

 

原理は脱毛クリームと同じなんですが、脱色剤も脱毛クリームと同じくアルカリ性の薬剤になります。
脱色をすると体毛を分解する成分を含んだ薬品が、体毛の主成分であるタンパク質を分解して色が抜けるわけですが、お肌のタンパク質も溶けちゃうんですね。

 

一度で大量に処理ができるうえにお金があまりかからないため、中高生などの学生さんでやられる方が多いようですが、問題は皮膚のタンパク質までも分解してしまうことなんです。

 

そのため、肌荒れなどのトラブルを起こしやすくなります。

 

しかも、皮脂を酸化させて肌の潤いをなくし、場合によっては炎症を起こし 皮膚を傷つけボロボロにしてまで得られるものは「一時的にムダ毛を隠す」ということだけです。
脱色剤でムダ毛処理をしても、色を抜いただけであって、毛が「サヨナラ」といって消えるわけもないので また生えてきます。
また生えてきた毛は当然、黒色なので、根本は黒色、毛先は金色みたいな不自然なムダ毛になります。
髪を染めてしばらく放っておいたらプリンのようになるのと同じですね。

 

もちろん、その都度脱色すればいいわけですが、そのたびにお肌を傷付けることになるわけです。

 

恐らく、脱色剤でムダ毛処理をしている人は少ないのではないかと思いますが、もし、脱色剤でムダ毛処理しようと思っている人がいれば、もっと他にいい方法があると思いますので、自分に合ったムダ毛処理方法を探してみてください。

 

私にとっては、キレイモでの脱毛が一番合ってます(^^)

 

>>キレイモの予約はこちらからできますよ♪